製品紹介(形状別一覧)

SK型ハイパータイトチャンネルブラシロール(ロールブラシ)

大型ブラシロールに適し、ブラシ材の連続脱毛、ブラシマークの無いそして放熱効果がある製品です。
カセットのSK型ツインタイトブラシロールもあります。

SK型ハイパータイトブラシロールはブラシ材をH型チャンネルの左右口縁部から延ばした爪の間にブラシ束を連続挿入し左右両側の爪片を内側斜めに交叉し、芯材がブラシ材を押さえスパイラル状に圧縮巻きつけて完成する。

SK型ハイパータイトチャンネルブラシロールの特徴

  1. SK型ハイパータイトブラシロールはブラシ材をH型チャンネルの左右口縁部から延ばした爪の間にブラシ束を連続挿入し左右両側の爪片を内側斜めに交叉し、芯材がブラシ材を押さえスパイラル状に圧縮巻きつけて完成する。
  2. SK型ハイパータイトチャンネルはH型で底部が空洞となっているため放熱効果がある。
  3. SK型ハイパータイトチャンネルのH型構造は、毛材根元と毛先の硬度が同等で、どんな構造のチャンネルでも不可能だった毛材硬度が平均化した自動植毛製法である。
  4. SK型ハイパータイトブラシロールは弊社実用新案のSK型チャンネル密巻式の液体放出構造により水冷効果が一層顕著である。
  5. SK型ハイパータイトブラシロールは植毛が自動で特にチャンネル締め付け部と毛先の密度の硬度が平均化しているため、毛材のバラツキによるアンバランスなどは皆無である。
  6. SK型ハイパータイトブラシロールは連続脱毛は皆無である。
  7. SK型ハイパータイトブラシロールはブラシ材の根元まで柔軟性に富み長期使用が可能である。
  8. SK型ハイパータイトブラシロールは自動化により製造合理化が実現、緊急品の即納体制を確立した。
  9. SK型ハイパータイトブラシロールはSK型ディスクブラシロールと同等以上の品質を確保した当社の特許製品である。

SK型ハイパータイトのチャンネルは平均密度になるのでブラシマークは皆無です

SK型ハイパータイトチャンネルは連続脱毛は皆無です

SK型ハイパータイトチャンネルは、H型で底部が空洞になっているため放熱効果があります

SK型チャンネルブラシロールTOPへ戻る

形状別一覧TOPへ戻る

製品紹介TOPへ戻る

ページの先頭へ

  • ホーム
  • 採用情報
  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • 資料請求・お問合せ・見積依頼